BARHardi ブログ支店

北新地のバーアルディです。アルディ オルジュの裏店舗です。

Monthly Orge グランドキリンIPA

お疲れ様です!

 

 
10月オススメ麦メニュー

 

グランドキリンIPA


f:id:BARHardi:20201007134608j:image


アルディでは4種類の生ビールが飲めます。
そのうちの1つ『グランドキリンIPA』 を今回オススメしたいと思います。

 


ちなみに皆さん「IPA」ってなにってなりませんか?
僕はなったし、 最初のうちは一般的なビールより苦味が強いビールと言うイメージ だけでよく分かってませんでした。


そこで皆さん一緒に勉強しましょう!


IPAとはなにか!!』


1. 発音
IPA」は「イパ」じゃなくて、「アイ・ピー・エー」です。

 


2. 意味
IPA」は「India Pale Ale(インディア・ペール・エール)」の略。

 


3. 特徴
鮮烈なホップの香り


ビールの原材料の一つ「ホップ」 を大量に使用して作られるIPA。その特徴の一つは「 強いホップの香り」。 若葉のような青々しい香りを持つIPAから、 まるでフルーツのような香りを持つIPAまで、 銘柄によって様々な香りが楽しめます


そしてもう1つが苦味の強さです。
日本で一般的に流通しているビールと比べ、 かなり強い苦味を持っているビールですが、 その苦味がクセになってしまうのも特徴ですね。

 


4. 歴史
名前が「インド」なのに、 実はIPAがイギリス発祥のビールスタイルで「ペール( 色が浅い)・エール(上面発酵のビール)」 は18世紀ぐらいからあるスタイルです。


当時インドがイギリスの植民地だったころに、 インドにいるイギリス人のために海上輸送するさいに痛まないよう に防腐剤の役割を持つホップを大量に投入してできたビールがIP Aです。


しばらくイギリスでもインドスタイルのビールが人気がでましたが 1900年ぐらいからIPAがイギリスからほぼ消えてしまいまし た。


1980年ぐらい、 アメリカではクラフトビールがスタートしたころ、 アメリカのクラフトブルワリーが、 その当時アメリカで飲めなかった昔のビールスタイルをいろいろ試 していました。アメリカで栽培していた、 ヨーロッパ産のホップより香りと味が強いホップを強調するため、 ホップがたくさん入ってるIPAがベストだった。 この香りと苦味が強いIPAがちょっと邪道的なビールとも言われ たましたが飲んだら癖になり、 現在はクラフトビール界で一番人気のスタイル。

 


5. カテゴリー
IPAの中でも、いろんなスタイルがあります。


IPA(スタンダード)
普通のIPAはだいたい度数が5.5%~7.5%で、 ホップが良く効いてて、色が黄色からゴールドオレンジぐらい。 ちゃんと冷蔵保存されたものは、新鮮で豊かなホップ香り。 モルツは軽めからフルボディまである。 スタンダードIPAの中に、さらに細かいカテゴリーがあります:


West Coast IPA: ホップがメインになってて、モルツが薄め。 主にカリフォルニアやオレゴンで作られている。


East Coast IPA:West Coastほどホップが強くなく、 もうちょっとモルツの甘味や香ばしさがある。


British IPA:ホップの苦味は若干あるけど、アロマが控えめで、 モルツの味がもっとしっかりしている。

 


DOUBLE/IMPERIAL IPA
普通のIPAのすべてがレベルアップ。度数が7.5%~10%、 ホップがさらに効いてて、モルツの味も強め。 モルツからの甘味が分かりやすくて、色がオレンジから琥珀色。

 


BLACK IPA
こちらがスタウトやポーターのような黒ビールとIPAのハイブリ ッド。ホップがまだかなり効いてるけど、 深煎りモルツの香ばしさ、苦味も出ているのでかなり苦い。


WHITE IPA
こちらがベルギーの伝統的な「ウィットビール」 とIPAのハイブリッド。ボディがライトで、 ベースになっているビールがフルーティのため、 飲みやすい方のIPA

 


BELGIAN IPA
ベルギー系のイーストで作ったIPA。 ベルギー系のイーストを使うと、 独特なフルーツやスパイスの香りが出るので、 味がまたかなり変わります。

 


SESSION IPA
「Session(セッション)」はビール業界で、 度数が低いビールを示す。Session IPAIPAのようなホップアロマと苦味だが、度数が3.5% ~5%。平均的に、ボディも普通のIPAよりライト。

 


6. 飲み方
温度
IPAは度数が普通のビールよりちょっと高めなので、 近々冷やすより、10~12℃がベスト。 ボディがライトなIPAは冷たいままでおいしいけど、 香ばしいIPAはちょっとぬるめの方はモルツの味が出ます。

 


グラス
IPAは香りが命なので、 普通のビアグラスよりワインと同じよう、 香りが楽しめるグラスが主流

 


注ぎ方
泡が少ないと香りがあまり出ないので、 IPAは泡多めで注いだ方がいいみたいです、

 


 7.IPAにあう料理
強いホップの香りや苦味に負けない味わいがある、 スパイシーなカレーや中華料理などがおすすめです。
ジューシーなお肉料理などとも相性ピッタリですよ。


アルディにも麦飯カレーやチューリップ等があるので良かったらぜ ひ一緒に!

 


っと長々語りすぎてしまいました。
長文読んでいただきありがとうございます。


当店で扱ってるIPAグランドキリンIPAは常時置いてるので良かったら飲んでみてく ださい!