BARHardi ブログ支店

北新地のバーアルディです。アルディ オルジュの裏店舗です。

閉店のお知らせ

こんにちは

池田です。

 

 

昨日、無事にFacebookに閉店のお知らせのコメントをアップしました。

前日寝落ち→昨日は実家に帰省するためバタバタ…なので、結構焦りましたが、無事に間に合いました…😅

 

 

「詳しい心情などはブログにて」

なんて書いたので、もう一回気持ちを整理しようかな。。。☺️

(長いよっ…!)

 

 

閉店の決め手は桑原の独立意思でした。

いつかは、、とは思っていましたが

「今を逃すともう独立できない気がする」

という桑原の言葉には正直ビックリしました。

 

 

えーーーっ!このタイミング!?困るっ!!

ってのではなくて、真逆。

えーーーっ!このタイミング!?助かるっ!!

…けど、大丈夫??コロナ後やで??

 

って感じでした😅

 

 

そう、めっちゃくちゃ悩んでいたのです。

新ビルの条件は良いものだったし、

間に合わせの今の店で続けるよりは絶対に戻ったほうがいいし、

何よりアルディのあの場所に思い入れがあるし、、、という気持ちはあるものの、

自分が満足に働けない環境で

いつコロナが再燃するかもわからない状況で

また借入をして、スタッフを確保して

本当にやっていけるの!?

という不安ばっかりでした。

 

意地になってでも店を続けることが本当に正しい選択なのか?

じゃあ、辞めてしまったらスタッフ達はどうなるの??

 

どうしても答えまで辿り着けませんでした。。。

 

 

 

腹を括るしかない!

と向かえたスタッフとのミーティングで

桑原に独立の話を聞いて、

肩の荷が降りる感覚を実体験しました。

 

 

コロナ禍になってからは特に、

子育てをしながらの経営が結構負担になっていました。

精神的にも体力的にも。

作業量的には大したものではないのかも知れませんが、息子はどんどん大きくなるし、それに伴い自分の時間はどんどん減っていくし…

日常の中で仕事に割ける時間を確保するのが必死でした。

考えごとをしたくても子供は四六時中話しかけてくるし、スマホを見たり電話をしていると怒るし、しょっちゅうイライラしていました。

遊んで欲しいだけの子供のことを、自分の勝手で叱りつけたりして、シュンとした姿を見ては自己嫌悪をすることを繰り返していました。

こんな状況で新店舗の設計の打ち合わせなんて出来る気もしませんでした。

 

 

 

 

このままではあかん。

どこかで区切りを付けなくてはいけない…

 

 

 

私の心の中にはそんな気持ちがずっとあったように思います。ただ、安易にその考えに踏み切ることも出来ませんでした。

 

 

 

 

なので、今回の閉店については

実は結構前向きなのです‼️

ベストな流れで身を引くことができると思っています。

産休に入ってから、ずっと店を支えてくれていた桑原が自身の店を構えるので有れば、行き場を失うお客様も少ないのではないかと。

 

ただ、何となく、、

私の気持ちの整理をつけるためにも

オープン後の月に2回の出勤と

アルディ同窓会の開催を考えました。

(基本的にこれは、桑原の店を貸し切って開催するつもりです)

 

 

 

 

…で、実は、、、

 

甚だ勝手ではございますが…

 

 

43歳で迎えた人生の転機に

ワクワクしています😆

 

 

 

 

今のところ、すっごく寂しい気持ちなどはまだ無くて、どちらかと言うと無事に最終日を迎えられるよう、必死💦という感じです❗️

 

 

 

元々、行き当たりばったりの性格なので

あんまり細かいことも考えずに今を過ごしています😬

 

実は今のところ

最終日に向けてもあんまり何にも考えられてないのです!

 

 

 

あんなことやこんなこと、、、

 

 

私が見えてないような事があったら

どんどんご指摘くださいね!

 

 

 

 

 

ではまた!!