BARHardi ブログ支店

北新地のバーアルディです。アルディ オルジュの裏店舗です。

弊害

こんにちは!

池田です。

 

 

昨晩は

「今日寝て起きたら立春。起きたら春ですね〜…」

なんてブログに書こうと考えながら

寝かしつけをしており

気がついたら春になってました。

(朝になってたってことです)

 

最近は気温は低めとはいえ日差しが暖かくて、

確かに春が近づいているのかな〜と感じますね☺️

 

 

 

立春の前日は節分。

我が家ではお寿司にかぶり付いたり、

息子が泣きながら鬼退治(豆まき)をしたりと

賑やかな夜でした。

 

北新地では恒例のお水汲みが行われていたようですね。

今年も縮小版だったようですが、当店のスタッフたちも竹筒授与のお手伝いをさせていただいたみたいです。

 

f:id:BARHardi:20220204110944j:image

こういうのんです。

この写真は北新地料飲協会のHPからお借りしましたが、多分右端に映っているのは西林ちゃうか。。。

 

 

竹といえば!

この前公園で息子が竹の切れ端(多分、竹ボウキの柄の折れたやつ)で遊んでいたので、

「それ、危なくない?尖ってない?」

と聞いたところ、

「大丈夫やで!サラサラやで。ホラ!」

と言って、その竹を私の指の(薬指と小指)の間にスリスリしてきました。

 

あっ!

と思ったけど、やっぱり棘、刺さりました😭

 

もーっ!と言ってサッと摘んで抜いたのですが、

なんだかしばらく痛かったです…

 

 

夜、普段手荒れしない私の手に

珍しく少しだけアカギレが出来ていたので

じっくり見ていたら

ん???まだ棘が残っとる!!!

ということに気づきました。

 

 

右手の小指の付け根だったので

主人に抜いてもらうことに。

 

ギューっと皮を摘んでできる限り棘を露出させたのですが、悲しいことに

 

 

 

小さすぎて見えない……🤩

 

 

 

かろうじで棘を摘んでもらうも

プチっと切れてしまってさらに困難な状況に。

 

もう、そのまま放置しておいても良かったと思うんですが、私、こういうの見つけると取り出さずにはいられない性分。

意地になってしまいました。

(主人は匙を投げてました。)

 

右手の親指と人差し指で毛抜きを持ち、左手で棘のところを押さえながらトライ❗️

 

 

 

でもやっぱり、

 

 

小さすぎて見えない……😭😭

 

 

 

しかも乾燥で白くなった指の皺に埋もれて

よけい見えん。

 

 

 

どうにも摘めなかったので、

棘の上の皮を軽く破って、ようやく取り出しました。

ミシン糸半分程度の細さ、胡麻粒の半分くらいの長さのちーーーーっちゃい棘でした😆

 

 

しばらく棘なんか刺さってなかったけど、

老化による弊害、

こんなところにもありました……💧💧

 

今後、棘リスクのある行動は慎みます。

 

 

ちなみに寝るまでは少し痛みがあり、

棘残しておいた方が軽症やったかも、、、

と思いましたが、朝起きたら全く痛くなかったです!

 

 

 

では、皆様も良い立春をお過ごし下さいね。

 

 

明日は出勤します✨

 

 

ではまた!