BARHardi ブログ支店

北新地のバーアルディです。アルディ オルジュの裏店舗です。

かいーの

こんにちは

池田です

 

 

 

…ただの乾燥だとは思うんですが、、

 

お風呂上がってしばらくしてからと

朝起きてしばらくしてから、

もう、

すっごく背中がかゆいんです。。。

 

 

特に肌着が触れる部分。

手が届くような、届かないような場所なので

お薬塗るのも難しいし、

このシーズン服脱ぐのが寒いので

着たまま塗ろうとすると服に薬を付けてしまいそうで、

とりあえず、億劫です😓

 

 

…で、痒いんです。

 

 

 

 

私、以前からまあまあ"痒がり"で、

背中に限らず無意識によくポリポリ掻いてることあるんですけど🙁

 

特に出産後しばらくしてからは「痒いなぁ〜」と思うことがよくありました。

 

 

実はその時、バセドウ病という病気に罹っていたのです。。。

別の検査で受診した時に偶然見つかりました。

f:id:BARHardi:20220128120357j:image

偶然見つかったのですが、ここに書いてある症状は全て思い当たるものばかり。

でもそれは、産後の影響だと思っていて、「子育てって大変だなぁ〜」と思っていました。

 

病気が見つかった時は結構ショックでしたが、処方された薬を飲んでいくうちに症状は落ち着き、今ではもう薬無しでも症状が出ることはなく、無事に全快したようです。

多分、妊娠出産に関係するホルモンバランスの乱れが原因だったのかな?と思っています。

 

 

 

そしてバセドウ病のことを調べている時に、

ふと祖母のことを思い出しました。

 

小さい頃、同居していた祖母は

よく食べる割には痩せていて

「あえら〜あえら〜(あぁ、しんどい、あぁしんどい)」という口癖がありました。

老人だからか痩せていたからか、

目がギョロっとしていたような気もします。

そして、しょっちゅう「背中掻いて」とお願いをされました。

服の上からでは物足りないようで、素肌に爪をたててガリガリ掻くのですが、

「もっとガイガイと掻いてくれ。血出るほど掻いてくれ」

と言われてさらにガリガリと掻いたのを覚えています。

 

 

 

 

…もしやあれ、

バセドウ病やったんちゃうか…。

 

 

 

この病、昔からあるとは思うのですが

昔は発見されていなかったのでは無いかな。

放置すると心疾患などが現れるようですが、昔の人はそこまで調べてもないだろうし。

 

バセドウ病に罹患するのは遺伝的要素もあるようで、もしや祖母は自分が知らなかっただけで、病を患っていたのかもしれませんねぇ。

 

 

詳しくは忘れましたが、80歳を越えてから老衰で亡くなったんだと思います。。。

 

 

 

まあ、今私が背中痒いのは乾燥です。

そして、乾燥の原因もだいたいわかっているのです。

 

多分最近寒いので、

家ではヒーターの前でジーッと動かない時間が多いのです。。。(そう、今もヒーター前でブログ書いてるぜ✨)

 

足、お尻、背中あたりは熱風の集中攻撃を受けています。

 

その時はあったかくて天国なのですが、

後々カサついているのでしょうね…😅

 

 

まだまだ寒い日は続きそうだし

熱風に炙られるのは大好きなので、

とりあえずはボディソープの量を減らして、

市販の痒み止め薬真面目に塗って

やり過ごそうと思います。

 

 

 

皆様も温かくしてお過ごし下さい。

 

 

 

ではまた!