BARHardi ブログ支店

北新地のバーアルディです。アルディ オルジュの裏店舗です。

床屋さん。

 

 

こんばんは大島です。

 

 

 

今日は散髪についてお話ししたいと思います。
たいていの方は行きつけの美容室や
毎回カットしてくれる美容師の方って決まっていたりしますよね。


僕も今では同じ方に毎回カットしてもらってます。気さくで話しやすく、居心地も良く、ある程度伝えると良い感じで仕上げてくれるので安心しています。

 

 


なぜこの話にするかといいますと、

 

 

 

 


僕は数年前は坊主にしていた時期がありました!

 

 


坊主は楽で良いですよ。
シャンプーもコンディショナーもいらないですし、石鹸ひとつあれば事足ります。

 

 

 


ただ伸びたての髪型がなんたってダサいのです。例えるとタワシヘアーですね…。

 

 

 


いつも伸びてくると、ワンコイン(500円)で坊主にしてくれる散髪屋さんに通ってました。
いつも通り6mmでお願いします。
ワンコインなので、シャンプーも無し、剃られてタオルで数回はたかれて完成。
たまにドライヤーで毛を飛ばしてくれたりもします。

 

 

 


ある時も同じようにお店に伺ったら、お休みだったのです。

 

 


ショック…
今日どうしてもこのモサモサヘアーをどうにかしたい。

 

 

 


近場をふらふらしていると、


クルクル回った物を発見!

 

f:id:BARHardi:20200501213615j:image

写真はイメージです。

 

 


結構長年やってそうな床屋さん。
大丈夫かな?と不安もありましたが
まあ坊主だしええっかーと思い入ることに。

 

 


新聞を読んでいたおっちゃんに

 


6mmで丸坊主にしてほしいんですけど、いけますか??

 


おっちゃんは心よく受け入れてくれました。

 


椅子に座り( なんか物凄く古い椅子)

 


おっちゃん
丸坊主やな。おっちゃん今日は気分ええからハサミでカッコよくしたろ!」



「いえいえ。バリカンで大丈夫ですよ。笑
ハサミの方が時間もかかりますし…」

 


おっちゃん
「そんなん気にせんでええよ。かっこよくしたるから」


とこのやりとりが数回続き、おっちゃんの押しに負けることに。

 

 


そもそも坊主にかっこよくもないもないけどなと思いながら

 

 

 


もうなんでもいいや
「6mmでお願いします。」

 

 


おっちゃん
「任しとけ!!」

 


やっぱりハサミやと結構時間がかかるな。
なんか変な髪型やな?
途中やからかな?
ハサミやからかな?
変な切り方やな。

 

 


と思っいる間に

 

 


はいっ!完成!!
「にいちゃん男前やん。」

 

 

 


完成したヘアーを鏡でみてお口があんぐり…。

 

 

 


めちゃくちゃダサい角刈り。

 

 

f:id:BARHardi:20200501214953j:image

 

 

しかもうしろが0.5mm 横が6mmやし…

 

 

 


イメージで例えるとミルクボーイですね。

 

f:id:BARHardi:20200501215002j:image

 

 


えっ。
僕6mmで丸坊主でお願いしたんですけど?

 


おっちゃん
「絶対こっちの方がええから」

 


とゴリ押し

 


「はい!頭洗うで。」

 


昔ながらなので、立ったまま自ら頭を下げて洗ってもらう。

 


髪を洗っても髪型は変わるはずもなく

 


ショックとダサさに一刻もはやくどうにかしたい

 


おっちゃん
「はい!にいちゃん4000円」

 

 

 


高っ!!

 

 


うそーん…。
いつものとこやったら8回も通えるし、そもそも坊主ちゃうし、ハサミでやった技術料??

 

わからないけど、ちゃんとお支払いしました

 

 



翌日から変な髪型をしていたので、
友人からバカにされ、職場でも笑われ恥ずかしい思いをしました。

 

 


あれから僕は床屋さんを見ると恐怖が蘇るのでありました。 

 

 

そこからは行きつけの美容師の方と出会えることができましたとさ。

 

 

 

めでたしめでたし。

 

 


以上 大島でした。